クレジットカードの年会費の相場は?

 クレジットカードには年会費というものが存在する。(年会費無料のクレジットカードも多いが。)

 実際の年会費の相場は、カードの種類によって様々一般的なカードでは、1300円前後となっている。月換算でおよそ110円程度。最もサービスが充実しているゴールドやプラチナカードは、10000円以上必要となる場合が多い。(年会費が5〜10万円以上というカードも存在する。)

種類

年会費

特徴

年会費無料

無料

無料のため、海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険の補償額が少ないまたは0。楽天カード、JCB EIT、ライフカードなど。

一般カード

1,000〜2,500円

海外旅行保険と国内旅行保険が2000万円程度、ショッピング保険が100万円程度付帯。リーダーズカード、三井住友VISAカードなど。

ゴールドカード

10,000円前後

海外旅行保険と国内旅行保険が5000万円程度、ショッピング保険が200万円程度付帯。三井住友VISAゴールド、JCB GOLDなど。

プラチナカード

20,000円以上

付帯保険はもちろん、他サービスも最高級、最近は医者や弁護士など以外の安定収入ありの方であれば手に入る可能性は高くなっている

無料カードは付帯保険は少ないが、金銭的負担0は大きい

 年会費無料のカードは当然、サービス(付帯保険など)が有料カードには劣るが、劣ると言っても、(還元率など)部分的には有料カードよりもお得!というカードが増えている。無料カードで十分!という方も多く、クレジットカード業界全体を見ても、無料カードが最も普及している。特に楽天カードとJCB EITは年会費無料カードの中で非常に人気。

 また、有料ではあるけれども、条件次第では年会費無料になるカードもある。(年間50万円以上の利用で年会費が免除となるREX CARDなど。)

 ゴールドカードやプラチナカードは付帯保険もサービスも充実しているが、保険もサービスも利用しないという方には必要がない。ステータスのため、という理由でゴールド、プラチナを持つのもありだとは思うが。あなたはどの種類のカードが欲しいか、利用目的、ライフスタイルなどを鑑みてじっくり検討されてみてほしい。

クレジットカード おすすめランキング 

第1位

楽天カード

楽天市場2%、ENEOSガソリン2%還元、5年連続顧客満足度1位

第2位

JCB EIT

常にポイント2倍、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで3倍

第3位

三井住友VISA

ブランド力&セキュリティで世界でも安心して使えるスタンダード

第4位

ライフカード

誕生月5倍(2.5%以上)、50万利用達成でボーナスポイント

第5位

三井住友VISA
デビュープラス

18歳から25歳限定、ポイント優遇クレジットカード

第6位

オリコカード
ザ ポイント

基本1%、Amazonで2%、2つの電子マネー搭載

第7位

REX CARD

どこでも1.75%の還元率、年50万円以上の利用で年会費無料

第8位

VIASO(ビアソ)

ネット通販でポイント高還元、2013年3月、募集再開

第9位

イオンカード(WAON)

イオン5%OFFを筆頭に、多くの優待割特典あり

第10位

MUFGカード
・ゴールド

年会費1905円(税抜)のゴールドカード