年会費無料ってどうゆうこと?

 「なぜ年会費無料のクレジットカードが存在するんだろう?無料サービスは様々な業界でも存在するけど、それはどうして可能なんだろう?」

 私自身、年会費無料のカードを使っているが、年会費無料でカード会社は飯を食べていけるのか?という素朴な疑問が生じた(だいぶ昔であるが)。

 クレジットカードの仕組みのページを読まれた方なら既にお解かりかもしれないが、結論を言うと、クレジットカード会社は、年会費以外に、分割払いやリボ払い時に発生する手数料や金利、販売店の売り上げの数%の手数料から利益を得ている。

 以前は年会費無料のカードは存在していなかった。が、カード会社同士の顧客獲得競争が激しくなり、最近では年会費無料カードが非常に多くなってきた。私達にとってはうれしいかぎり。

 ただし、年会費無料と大きく宣伝しているわりには、初年度だけ無料(つまり次年度からは、カード会社は年会費から利益を得る)とか、一括払いができない、分割・リボ払い専用のカードだった!(つまり、分割・リボ払い時に生じる手数料から、カード会社は利益を得る)というケースが今現在も少なからずある。

 あなたがこれだ!と決めたカードでも、当サイトで掲載していないカードの場合、初年度だけでなく次年度以降も年会費は無料か?リボ払い時の手数料はどれほどか?などなど、きっちり調べたうえで申込みをしよう。

無料だとサービスはどうなるの?

 ここでまたひとつ疑問が。年会費無料ということは、サービスが悪くなるんじゃないの?という疑問だ。

 確かに有料カードよりはサービス(特に旅行保険の補償額)は劣るが、これまたカード会社同士の競争が激化しるため、最近では年会費無料なのにこんなサービスや特典をつけちゃっていいの? というカードが数多くある。使う側の私達にとっては、いたれりつくせりの状態というわけだ。

 飲食関係業界に例えると、ファーストフード店もどんどん価格破壊を起こしている。もう、ここまで下げれない。という状態にまで来ている。それでもさらにお客さんを得る(リピータを増やす)ためには、やはりサービスを向上するしかないわけだ。

クレジットカード おすすめランキング 

第1位

楽天カード

楽天市場2%、ENEOSガソリン2%還元、5年連続顧客満足度1位

第2位

JCB EIT

常にポイント2倍、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで3倍

第3位

三井住友VISA

ブランド力&セキュリティで世界でも安心して使えるスタンダード

第4位

ライフカード

誕生月5倍(2.5%以上)、50万利用達成でボーナスポイント

第5位

三井住友VISA
デビュープラス

18歳から25歳限定、ポイント優遇クレジットカード

第6位

オリコカード
ザ ポイント

基本1%、Amazonで2%、2つの電子マネー搭載

第7位

REX CARD

どこでも1.75%の還元率、年50万円以上の利用で年会費無料

第8位

VIASO(ビアソ)

ネット通販でポイント高還元、2013年3月、募集再開

第9位

イオンカード(WAON)

イオン5%OFFを筆頭に、多くの優待割特典あり

第10位

MUFGカード
・ゴールド

年会費1905円(税抜)のゴールドカード