リクルートカード

リクルートカードのおすすめポイント

年会費無料で【高いポイント還元率】と【充実した付帯保険】を備えた高スペックカード

 2013年に新登場した年会費無料のリクルートカード。以下表のとおり、リクルートカードはライバル大手の「楽天カード(基本1%)」や「JCB EIT(基本1%)」よりも高い基本還元率、充実した保険を備えていることがわかる。

 リクルートカードで貯めたリクルートポイントは、リクルートサービス内(「じゃらん」や「ポンパレモール」など)でのみ利用可能であったが、2014年8月より、Pontaポイントと100P=100Pの等価で相互交換ができるようになった。

年会費無料の
人気カードと比較
カード名称

リクルートカード

楽天カード

JCB EIT

提携ブランド

VISA、JCB

VISA、JCB、MasterCard

JCB



本体

無料

無料

無料

家族カード

無料

無料

無料

ETCカード

無料 (VISAブランドは新規発行手数料1000円(税抜)必要)

500円(税抜)
(楽天会員ランクがプラチナ以上なら無料)

無料

基本還元率

1.2%

1%

1%

海外旅行保険

最高2,000万円
利用付帯

最高2,000万円
利用付帯

最高2,000万円
自動付帯

国内旅行保険

最高1,000万円
利用付帯

ショッピング保険

年間最高200万円

年間最高100万円

ポイントの使い道

・リクルート運営サービス
(じゃらんなど)
Pontaポイントと交換
(2014年8月より)

・楽天市場
・楽天ブックス
・楽天トラベル
・楽天Edyと交換
・ANAマイルと交換

・キャッシュバック
・他社ポイント移行
・ANA、JALマイル移行
・その他多数

年間26万2,500円以上のカード利用ができる方は『リクルートカードプラス』

 リクルートカード(年会費無料:還元率1.2%)で年間27万円(月22,500円)以上利用できる方は、リクルートカードプラス(年会費2160円:還元率2%)をおすすめする。リクルートカードプラスは年間27万円以上の利用で年会費2160円(消費税8%込み)を差し引いても還元率1.2%以上となり、使えば使うほど2%に近づく。さらに、海外・国内旅行傷害保険が利用付帯ではなく自動付帯となり、補償額も最大3000万円となる。

リクルート運営サービスの利用で、さらにポイント付与

 どこでも1.2%のリクルートカードは、リクルート運営サービスを利用することによって、さらにポイント還元率を高めることができる。例えば、リクルートカード(1.2%)で「じゃらん(+2%)」を利用すると、還元率3.2%となる。

リクルート運営のポンパレモールには オンライン書店BOOKFAN が加盟している。Amazonや楽天市場よりもポイント付与率が高い商品が多い。本・CD・DVDを購入する際は必ず利用したい。

【JCBブランド限定】 チャージ不要の電子マネーQUICPayモバイルが利用可能

 VISAではなく、JCBブランドのリクルートカードなら、チャージ不要電子マネーQUICPayモバイル(無料)が利用可能。おサイフケータイ対応の携帯電話またはスマホにQUICPayを登録すれば、コンビニなどの専用端末に携帯電話またはスマホをかざすだけで1秒で決済が完了する。店員にカードを渡す必要がなく、小銭のやり取りもなくなり便利。もちろん、ポイントも付与されるのでぜひ活用したい。

 リクルートカード(JCBブランド)は上記の後払い式電子マネー「QUICPay」のほか、プリペイド(先払い)式電子マネー「モバイルSuica」、「nanaco」にチャージ可能で、ポイントも付与される。

【VISAブランド限定】 楽天Edyチャージでポイント付与

 VISAブランドのリクルートカードは上記QUICPayは利用できないが、楽天Edyチャージでポイントが付与されるメリットがある。楽天Edyを日常的に利用されている方はVISAブランドがおすすめ。(モバイルSuicaチャージもポイント付与対象。)

<重要> ポイントの使い道は少ない⇒2014年8月からPontaと交換可能に

 リクルートカードは基本還元率1.2%、リクルート運営サービス利用でさらに+最大3%と、高還元率を実現できるお得なカードではあるものの、貯めたポイントはリクルート運営サービスでしか使えなかった。しかし、2014年8月より、Pontaポイントと相互交換ができるようになった。(100P単位。)

 Pontaポイントに交換すれば、リクルートサービス以外のローソン、ゲオ、ケンタッキー、出光など(2014年8月10日時点)でも利用できるようになり、汎用性が大幅にアップする。(キャッシュバック、商品券、マイルなどの交換はできない。)

ポイントが使えるサービス名(例)

サービス概要

じゃらん

国内最大級のホテル、旅館、温泉、ツアーなどの予約サイト

ホットペッパービューティー

ヘアサロン・リラク&ビューティサロン検索・予約サイト

ポンパレモール

全品3%以上のポイント還元、リクルートカード利用で+1.2〜2%

ホットペッパーグルメ

飲食店、クーポン検索・予約サイト

Pontaポイントと交換

Ponta提携企業一覧(公式)

【まとめ】 2014年8月より、Pontaポイントと相互交換可能になり汎用性UP

 リクルートカードの『還元率1.2%』、『リクルートサービス利用で+3.0%』、『充実した付帯保険』は、楽天カードJCB EITのそれよりも高スペックである。特に、リクルートサービスの利用で最大4.2%の還元率は非常に強力。貯めたポイントはリクルート運営サービスで利用または、Pontaポイントと交換できる。日常的にリクルート運営サービスやPontaポイントを利用されている方に非常におすすめ。

 普段リクルート運営サービスやPontaを利用していない方も、リクルートポイントがある程度たまった時点で、『じゃらん』でホテル・旅館などの宿泊代に利用する、という方法もある。また、ポンパレモールは楽天市場と比べると規模はまだまだ小さいが、食料品、水などの生活必需品などをポイントで購入できるので活用したい。

 ポイント期限は毎年1年以内に1回カードを利用すれば延長され、実質無期限となる。公共料金や携帯電話・スマホ代など、月々の固定費の支払いをリクルートカードに設定してしまえば、ポイント失効の心配がなくなる。

 リクルートカードをメインカードとして利用する(年間27万円以上利用する)予定の方は、リクルートカードプラス(還元率2%:年会費2,000円(税抜))との比較検討をおすすめする。リクルートカードプラスをメインカードとして使えば、年会費分を差し引いても高い還元率を実現できる。

リクルートカードの基本情報


カード名称

リクルートカード(VISA)

リクルートカード(JCB)

会社

三菱UFJニコス株式会社

株式会社ジェーシービー

スピード

2〜3週間

申込み基準

・原則18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方
・高校生を除く18歳以上で学生の方

国際ブランド

VISA

JCB



本体

無料

無料

家族カード
(希望者のみ)

無料

無料

ETCカード
(希望者のみ)

無料(新規発行手数料
1,000円(税抜)が必要)

無料




基本

カード利用金額の1.2%

期限

最後にポイントを付与された月の12か月後の月の月末まで
⇒期限内にカードを利用してポイント付与されれば1年延長
毎年1年以内に最低1回ポイント付与されれば実質無期限

ボーナス

・じゃらん +2.0%
・じゃらんゴルフ +1.0%
・ポンパレ +2.0% 
・ポンパレモール +3.0%
・ホットペッパーグルメ +1.0% 
・ホットペッパービューティ +2.0%
・その他


商品券

キャッシュバック

その他

1P=1円としてリクルート運営サービスで利用可能
例)ポンパレモール、じゃらん、ホットペッパーグルメ、
ホットペッパービューティなど


楽天ポイント

Tポイント

携帯各社

その他

100P=100PのPontaポイント(2014年8月より開始)




ANA

JAL

その他

還元率(目安)

1.2%(普段の支払い)
2.2〜4.2%(リクルート運営サービスの利用)



方法

1回、2回、分割、リボ、その他

限度額

審査により決定

締め/支払い日

15日締め/翌月10日支払い




海外旅行保険

【利用付帯】 (旅行代をカード決済した場合に適用)

 ・死亡後遺傷害 最高2000万円

 ・傷害治療費用 最高100万円

 ・賠償責任 最高2000万円

 ・携行品損害 最高20万円

 ・救援者費用 最高100万円

国内旅行保険

【利用付帯】 (旅行代をカード決済した場合に適用)

 ・死亡後遺傷害 最高1000万円

ショッピング保険

年間最大200万円

空港ラウンジ無料サービス

ブランド限定サービス

【VISA】
楽天Edyチャージでポイント付与

【JCB】
電子マネーQUICPayを
携帯電話またはスマホに
設定して利用可能
ポイントも付与