クレジットカードの支払い方法

 支払方法は大きく分けて3種類ある。カード会社によっては、より細かく分類されていたり、以下で紹介する全ての支払い方法に対応していなかったりする。したがって、カード選びの際は、あなたにあった支払方法が、そのクレジットカードで可能かどうかを必ず事前に確認することをおすすめする。

一括払い(おすすめ)

 それぞれのカード会社が指定する日までにあなたが利用した代金を、翌月(翌々月の場合もある)に一括で支払う方法。通常、国内の普段の買い物にて一括払いであれば、手数料は0、一切かからないのでこの支払い方法をおすすめする。ボーナス一括払いという支払方法も存在する。私は、この一括払いがメイン。(iDやQUICPayなどの電子マネー利用分も一括払いとなる。)

分割払い

 あなたがカードを利用した代金を月ごとに分割して支払う方法。お店で分割払いを指定した場合、「何回払いですか?」と聞かれるように、分割回数をあなたが指定することができる。(カード会社によって回数指定の方法は違う。)

 ただし、分割払いを指定すると、分割払い手数料が発生する。(カード会社によって分割2回までは無料、など条件が異なる。)例えば、30万円の品物を分割払いで支払う場合、トータルで30万円ではなく、30万円+分割手数料のお金を支払うことになる。1万円未満の比較的安価な品物の場合は、分割払いができないカード会社もある。

リボ払い(リボルビング払い)

 分割払いと何が違うの?という方が多い。 カードを既に利用している方でさえ、分割払いとリボルビング払いは同じ意味だと思っている方もいるようだ。

 リボ払いとは、あなたが利用した金額、件数に関わらず、月々のクレジットカードの利用代金をあなたが指定した金額だけを毎月支払っていく方法。

 利用限度額以内であれば、あなたは毎月指定した金額(例えば毎月5万円だけ)を支払えばよいということになるが、リボ払い手数料が発生する。(リボ払い専用カードでも、1回でまとめて払えば手数料は無料というカードもある。)

 ちなみに、リボルビングとは英語で【revolving】、意味は【回転】。ただ、繰り返しになるが、一括払い以外の支払い方法では、(多くの場合)手数料がかかるため、計画的に分割、リボ払いを利用することを強くおすすめする。

 補足:JCB EITや三井住友VISAのマイペイすリボなどの支払い方式は、初回手数料無料リボ払い。初回分の支払いは手数料がかからないため、初回分でひと月のカード利用分を全額支払えば、リボ払いカードとはいえ金利手数料が0=一括払い扱いとなる。特にJCB EITはポイント還元率が高いためおすすめ。

クレジットカード おすすめランキング 

第1位

楽天カード

楽天市場2%、ENEOSガソリン2%還元、5年連続顧客満足度1位

第2位

JCB EIT

常にポイント2倍、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで3倍

第3位

三井住友VISA

ブランド力&セキュリティで世界でも安心して使えるスタンダード

第4位

ライフカード

誕生月5倍(2.5%以上)、50万利用達成でボーナスポイント

第5位

三井住友VISA
デビュープラス

18歳から25歳限定、ポイント優遇クレジットカード

第6位

オリコカード
ザ ポイント

基本1%、Amazonで2%、2つの電子マネー搭載

第7位

REX CARD

どこでも1.75%の還元率、年50万円以上の利用で年会費無料

第8位

VIASO(ビアソ)

ネット通販でポイント高還元、2013年3月、募集再開

第9位

イオンカード(WAON)

イオン5%OFFを筆頭に、多くの優待割特典あり

第10位

MUFGカード
・ゴールド

年会費1905円(税抜)のゴールドカード